大阪でおすすめの漢方薬局の情報を取りまとめた完全ガイド

複数の漢方薬

大阪でも手軽に処方してくれる「漢方薬」

皿に乗せられた漢方薬

最近では漢方薬も、すぐに手に入れることができるようになりました。漢方薬はいわゆる西洋医学の医薬品とは異なり、サプリメントや健康食品に近いものですが、患者さん一人ひとりに合わせて必要な原料や成分をしっかり選ぶ必要があることに違いはありません。ですから、漢方薬で治療を行いたいのであれば、カウンセリングを受けてその上で処方してくれる薬局を選ぶことが必要なのです。
また、漢方薬の処方については、ずっと同じものを服用するよりも、症状の経過によって配合や分量、成分を変えていくことが多くなります。ですから、漢方薬を処方してくれる薬局などへ定期的に通う必要があります。

漢方を利用する際に覚えておくべきこと

カウンセリング

大阪には東洋医学による専門的な知識をもとに漢方薬を処方してくれる専門の薬局が多数あります。薬剤師資格者によるカウンセリングが受けられる漢方薬局を選ぶようにしておくと、それぞれの症状に合わせた漢方薬をおすすめしてくれるので安心して利用できるでしょう。
また、漢方薬は、様々な症状に対して効果が期待できます。病院で治すことができないものでも漢方薬を活用することで改善効果が見られるものがあります。では、ここで薬局などでカウンセリングを受けて漢方薬を処方してもらう時の流れを見てみましょう。

漢方薬を処方してもらう時の流れ

カウンセリング

まず問診票を記入し、さらに体質分析、処方の確認を行っていきます。問診票には生活習慣や食生活に関する簡単な質問が並んでおり、◯✕で記入したり自由に記述したりして回答していきます。この問診票でポイントになることは、「できる限り本当のことを答えること」でしょう。
医療機関や調剤薬局などでは、どうしても悪い診断をされたくないあまり、問診を誤魔化してしまう人もいます。しかし、こうした誤魔化しがあると、正しい漢方薬の処方を受けることができず、目的である体の不調の改善を図ることができません。健康に害を与えるような習慣があったとしても、正直に回答することが大切です。もし、不明な質問等があれば、薬剤師と相談しながら問診票を記入することもできるので気軽に相談してみましょう。

体組成の測定

体の調子やその改善は、目に見えて分かるものばかりではありません。ですから、その時の気分や調子などに左右されて、実際の効果が得られているかどうかを判断できないところがあります。こうなると、せっかく有効な漢方薬を処方してもらっても、なんとなくでしか効果の判断ができませんし目的を達成できているかどうかもわかりません。
こうしたことから、漢方薬局では、問診の際に体組成の測定を実施します。体組成とは筋肉や脂肪、骨など私たちの体を構成する組織のことであり、体重や血圧を測ることでチェックすることができます。なかには、血流まで測定する漢方薬局もあり、漢方薬服用前と後のデータを見るわけです。こうしたデータを定期的に測定しながら、また随時薬剤師とカウンセリングしながら、日常や体調の変化を見ていくことになります。

漢方薬の処方・成分の説明

問診票や体組成の測定など、一通りの確認が終わればいよいよ漢方薬の処方になります。漢方薬は、前述のとおり成分や用量などを個人に合わせて処方してもらうことになります。
自分に合わせて処方してもらえるということは、煎じ薬・粉薬(エキス顆粒剤)・錠剤といった飲み方を自分で選べるというメリットがあるということです。基本的に医薬品の場合は医師から指示されたものや既存の錠剤や粉薬を処方してもらうことになるため、ジェネリックにするかどうかの選択肢しかない場合もあります。しかし、漢方薬は生薬から処方してもらえるので、自分の服用しやすい方法が選べるのです。さらに漢方薬の処方は、調剤前に価格の目安を教えてくれます。限られた予算で処方をしてもらいたい場合は、事前に薬剤師に相談した上で必要な分量をもらうようにしましょう。

服用方法のアドバイス・アフターフォロー

漢方薬局で受けられるサービスは、単に漢方薬の処方だけではありません。おすすめの服用方法や食事・生活習慣のアドバイスを受けることもできます。通常の医薬品を処方してもらう時にもこういったアドバイスは受けられるものですが、ライフスタイルも考慮して服用方法を決められるのが漢方薬の特長です。一般的なアドバイスとは違い、自分自身に向けて教えてくれるので、服用を継続するためにも大きなポイントになるでしょう。
また、多くの薬局では初回の来店時や2回目、3回目といった継続来店時はもちろんのこと、緊急時にも電話で相談することもできます。

男性不妊症の改善にも効果あり

漢方の効果には、女性だけではなく男性不妊症の改善への期待も寄せられています。子供が授からないことで悩んでいる場合は西洋医学による治療だけではなく、漢方薬を用いた東洋医学による治療を行なう方法もあるのです。ただし、処方してもらった漢方薬を服用することで100%不妊症が改善されるわけではありません。あくまで、改善方法のひとつとしての選択肢となるものではありますが、比較的すぐに取り入れることができる治療法として大きく注目されています。

漢方薬局を入手する方法

カウンセリングを受けて自分に合った処方をしてもらえる漢方薬局。日本全国で見ても該当するところがたくさんあり、初心者が選ぶのはかなり難易度が高いところでしょう。しかも、薬剤師の経験や知識、その薬局の取り扱っている漢方薬の種類によりサービスは変わります。ここで重要なのは、本当に必要な漢方薬を処方してもらえる漢方薬局を選ぶことです。口コミや評判などいろんな方法で比較することができますが、一番分かりやすいのはランキングであり、多くのユーザーから評価されている漢方薬局を選んで利用するのが一番確実性の高い方法だと言えるでしょう。

READ MORE

男性不妊と漢方薬の関係性

漢方薬が用いられている症状の中でも、近年注目を集めている分野が「男性不妊」。不妊というと女性が原因というイメージを持つ方が多いのが現状ですが、最近では男性の造精機能障害と呼ばれる体質や精神的な障害により子供が望めない夫婦がいることも知られるようになってきています。このような悩める夫婦の手助けをしてくれるのが漢方薬であり、男性不妊の原因となるストレスや疲労、体質を改善してくれる効果が期待できるのです。漢方薬を服用してすぐに不妊が解消されるというわけではありませんが、体の内側から効果を発揮してくれるため、ゆるやかでも確実に改善効果が得られるのです。

READ MORE